So-net無料ブログ作成

旅々 [本]

    IMG_8186.png

    【EOSM2 EF-M22/2】

 

3巻読了。

今年読んだ物語で、魔女の旅々(1~3巻)が一番好きな本になった。

(残り日数を考えると、たぶんそうなる)

この世界感とイレイナがたまらなく好きです。

来春からの新シリーズも楽しみに待っていよう。

 

 

 

*

PCの横に置いて、ブログを書く前に1編だけ読むという生活が続きそう。


nice!(47)  コメント(3) 

旅へ [本]

IMG_7978.png

【EOSM2 EF-M22/2】

 

ライブ旅に出る妻を朝イチで盛岡駅まで送る。

温度計を見ると、外は1℃か……

けほけほ

冷たい空気を吸うと咳が止まらないんですよ。

けほけほ

外ライドは自重して、屋内ぬくぬくローラー。

明日こそは走りたい。

 

昼食後、激しい眠気が……抗えずに昼寝。

 

夕方からは先日買った本を読んで過ごす。

仙台での日々から、一人の時間は本を読んでいることが多くなった。

魔女の旅々/白石定規

IMG_7986.png

これは「人類は衰退しました」が好きな人はきっと気に入ると思う。

人類は衰退しました、大好きなんです。

なんですが……読んでいる間はブログを書く手が動かなくなるので困る。

あの文章に嫉妬しているのだと思う。

小説を書くわけではないので関係ないだろ?と言われてしまえば、まあ、そのとおりなんですけどね。

 

で、魔女の旅々-

こちらも良い。とても良い。あっさりしているのに心に残る物語。

短編が14章。

どこか不安定で不思議な国々と、ちょっと可笑しな登場人物たち。

なにより、主人公のイレイナが魅力的です。

自由で正直に生きる決意。足掻かない覚悟がある。

それでいて、時折、少ない言葉から押し殺した感情が垣間見える。そういう描写がたまらない。

出来ることと出来ないことの見極めが不得意な僕は、とても惹かれてしまう。

他人の死を目前にしたら、何も出来ないのにアタフタと走り回るのが僕という人間です。情けない。

2巻は買ってあるので、12月発売予定の3巻でも魔女の旅を楽しみたい。

 

 

 

魔女の旅々 (GAノベル)

魔女の旅々 (GAノベル)

  • 作者: 白石 定規

魔女の旅々 2 (GAノベル)

魔女の旅々 2 (GAノベル)

  • 作者: 白石 定規

魔女の旅々 3 (GAノベル)

魔女の旅々 3 (GAノベル)

  • 作者: 白石 定規
  • 発売日: 2016/12/14

nice!(52)  コメント(2) 

恋は幻 [本]

IMG_7165.png

【EOSM2 EF-M22/2】

 

 

 

 

*

「この恋と、その未来。」 森橋ビンゴ

ここ数日、昼休憩中はこのラノベを読んでいたんですが…

かなり好きな作品。

女性に苦手意識を持つ男子高校生(主人公)と、体は女子だけど心は男子という高校生(ヒロイン)の青春ストーリー。

広島の全寮制高校が舞台というのも、個人的にはツボだった。

ドロドロとした恋愛模様は全然ライトじゃないけど、立派にエンターテイメントしている。

この作品ほど挿絵がいらないと思ったラノベは無いな。

一気に5巻まで読んで、後書きで打ち切りになったことを知る。

こんなに面白いのに、売れなかったのか… もったいない。

というか、幻の6巻をどうしても読みたい。


nice!(59)  コメント(1) 

橡の夜の中で [本]

IMG_6020.png

【EOSM2 EF-M18-55/3.5-5.6 IS】

 

すっと、僕の耳から音が消えた。

 

iPhoneが表示しているのは、吉野朔実さんの訃報。

四十を過ぎると身辺の訃報にはある程度慣れくるものだけど、

この訃報をどう理解していいのか分からなかった。

自分を構成する要素の中で「吉野朔実」という作家はあまりに大きく、どう処理していいの分からない。

 

高校生から20代前半にかけて、特に愛読していたのが吉野朔実さんの作品たち。

印象的な言葉と会話

静寂が満ちた夜

少し屈折した恋愛観

生と死

とにかく、吉野さんの描く静かで美しい世界に夢中だった。

間違いなく、僕という人間が一番影響を受けたのは彼女の作品たちだ。

 

死を受け止めきれないでいるけれど、

吉野朔実さんには感謝しかない。

たくさんの素敵な作品をありがとうございます。

どうか、安らかに。

 

 

 

*

残業で遅くなった妻を迎えに行くと

「大丈夫?吉野さんのこと…」

ネットニュースを見たのだろう。妻が心配そうに声をかけてくれた。

「うん、動揺しているよ」

そう口にした声が震えていた。

 

写真の「瞳子」は、中身も大好きだけど装丁も震えるほど素晴らしい。


nice!(64)  コメント(6) 

消えてほしくない [本]

IMG_1618.jpg

【EOSM2 EF-M22/2】

 

「あなたはこの本を読むべきだと思う」

昨夜、一冊の本を差し出して妻が言う。

 世界から猫が消えたなら

このタイトルはちょっとイヤだな。

いや、違うか。イヤな予感しかしないの間違い。

猫に関する悲しい物語は読みたくないよ。

「そんなことないよ。きっと気に入る。」

そうか、それなら読んでみよう。

 

1時間ほどで読みきれるボリューム。

文体も軽いしね。

妻の読みどおり、僕はとても気に入りました。

 

同時に、レビューが割れるのも理解できる。

 

 

 

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)


nice!(76)  コメント(6) 

日本の不思議 [本]

IMG_1590.jpg

【EOSM2 EF-M22/2】

 

オーサさんの「北欧女子オーサが見つけた日本の不思議」

 

IMG_1593.jpg

日本の見え方が、一つ増えたような感覚。

そして、彼女の絵がとても好きです。

 

アニメにハマるきっかけになったのは、海外のアニメファンのつぶやきなのだけど…

外から見た日本というものに、僕は興味があるのだと気づいた。

 

 

 

*

日本のアニメやマンガの未来を信じたい。

 

  


nice!(82)  コメント(2) 

闘う覚悟 [本]

IMG_0391.jpg

【EOS M2 EF-M22/2】

 

3月のライオン 10巻

昨夜、寝る前に読まなくて本当に良かった。

うっかりページをめくっていたら… 

きっと一晩中眠ることを忘れていたはずだ。

まるでジェットコースターにでも乗っているかのような、怒涛の10巻でした。

桐山くんの覚悟、最高にカッコ良かった。

 

ひなたちゃん、髪を切ったら幼く見えちゃうな。

表紙が誰なのか分からなかったですよ(笑)

 

それと 冷やしあめ!!

一度も口にしたことがないんですよね。

盛岡では見たことが無いので(たぶん)、甘党としては気になる…

関西ではメジャーなんでしょ?

 

 

 

*

11月の最終日、とても暖かな朝。

用事が控えているので、サクサク走る。

本格的な冬が到来するらしいので、これが年内最後のライドにならなければ良いけど。

 

    IMG_7706.jpg

    【PowerShot S95】


nice!(70)  コメント(8) 

海と羅針盤 [本]

    IMG_8745.jpg

    【PowerShot S95】

 

飛び込むのなら

市民プールよりも、本の海。

 

 

 

*

読みたい小説は山のようにあるけど、一日という時間はあまりに短いね。


nice!(88)  コメント(16) 

ハチミツとライオン [本]

    IMG_8542.jpg

    【PowerShot S95】

 

空を飛べたらと、心から思う。

高速道路は大渋滞の日。

 

お盆帰省の真っ只中だからさ、どこへ行っても混雑しているのは分かっていたのだけど・・

    IMG_8533.jpg

敬愛する羽海野チカさんの原画展が仙台三越で開催中。

妻と二人で早朝に出発。

途中、高速道路反対車線の車列が止まっているのに気づく。事故かな?

 

原画展は本当に素晴らしかった。

ボリュームも内容も大満足。

入ってすぐに掲示されている著名人からの豪華なメッセージ。

その中に、漫画家TONOさんからの色紙を見つけていきなりテンション上がる。

 

ハチクロ番外編の原画に、もう感涙。

なんて美しい。

たくさんの原画たちの一枚一枚を、ゆっくり時間をかけて観ていく。

改めて、羽海野さんの絵は美しいと思う。

羽海野さんの愛猫ブンちゃんの写真に癒され、ネームのブラッシュアップの過程に圧倒される。

どれだけ自分の作品を愛しているかが見えてくるんだ。

ひたむきに、全力で。

自分の身を削るような格闘をして生み出しているんだなぁ・・

できることなら、一日中眺めていたかったよ。

強く心に残る展示だった。

 

 

*

興奮したせいか、お腹がペコペコに空いたので昼食は利休の牛タン。1.5人前定食。

何度食べても美味しい。

胃も心も十分に満たして長い帰り道に入る。

案の定、高速道路は大渋滞。(一関トンネルで車6台の事故だったらしい)

30分で3kmしか進まないので、あきらめて下道に降りる。

帰路の半分ほどを国道でトコトコ走った。

ああ、空を飛べたらいいのにね。 

普段なら2時間で帰れる距離を5時間かけて帰宅。

 

家では、猫たちのアツイお出迎えが待っていた。


nice!(78)  コメント(8) 

空から地上を眺める生活 [本]

    IMG_6076.jpg

    【PowerShot S95】

 

この青いような黒いような空で暮らすことを考える。

上空35,000mの日常を。

 

 

*

もしかすると…今年に出会う漫画の中で一番おもしろい作品を新年8日目にして読んでしまったかもしれない。

『土星マンション 1~7巻/岩岡ヒサエ』は最上級に良かった。

ほんわかした絵だから、ストーリーも無毒なものかと思っていたけどさ・・

ハッキリとした悪意も存在していたりする。

全体には前向きなユーモアが満ちているけどね。

その匙加減が絶妙。

人と人との繋がりを描くのが上手な作家さんだと思う。

キャラクターもそれぞれ魅力的。

サチと美幸さんのコンビに憧れる(笑)

1年前にruiさんから薦められた時に読んでおけば良かった。

ruiさん、ありがとう!!

 

土星マンション 7 (IKKI COMIX)

土星マンション 7 (IKKI COMIX)

  • 作者: 岩岡 ヒサエ

  

5巻のラストは号泣でしたよー


nice!(97)  コメント(9)